老人ホームの選び方

老人ホームって、どこでも一緒なの??


老人ホームにはどんな種類があるの?

老人ホームの種類と特徴をここではまとめてみました。

有料老人ホーム

有料老人ホームと言われる施設は、大きく3つに分けて考えることが出来ます。
自分の住まい方や身体状況によって選択していきます。

 

介護付

基本的に介護が必要な方達が入居する施設になります。
食事や入浴、排せつなど日常の生活において必要な介護サービスを受けることができます。

原則65歳以上の方が対象となり、認知症だけでなく胃ろうや気管切開などの医療的なケアを受けることのできる施設もあります。
基本的には要介護の認定の方の施設になりますが、自立の方も入居できる混合型と呼ばれる施設もあります。
混合型ですと、自立のうちから入居して、介護が必要ななった場合でもそのまま住み続けることができます。

医療的な介護サービスが必要になった場合は、医療設備の整った病床へ移動する可能性もあります。

 

住宅型

住宅型の老人ホームは、食事など生活支援サービスを受けることのができます。
要支援や要介護の認定を受けた場合、同じ場所に住み続けながら、外部の介護支援業者のサービスを受けることができます。

居住施設内の介護サービスをお願いする場合も、新たに介護サービスの契約を行う形を取るのが一般的です。
デイサービスの施設が併設されている場合は、必要になった場合、すぐに利用を開始することができるか、入居前に確認をしておくことも重要です。

 

健康型

介護が必要なく自立した生活を送ることが出来る方が入居できる施設です。
自立が条件のため、要介護認定を受けた場合、退去しなくてはいけない場合がほとんどです。

介護サービスを受けることは出来ませんが、、家事などの代行サービスなど生活支援のサービスを受けることができます。

住居の形としては、普通のマンションのように、室内にキッチンやバス・トイレがある施設が大半で、建物内の共用施設が設けられていて、習い事や他の居住者とのコミュニケーションの場所になっています。

 

特別養護老人ホーム

特養、介護老人福祉施設とも呼ばれ、地方自治体や社会福祉法人などで運営されている公的な介護施設です。

施設に入居しているのは重度の要介護者がほとんどで、痴呆や寝たきりといった方で、食事や入浴などの生活支援サービスを受けることができます。
公的な運営なので、費用が比較的安いために、入居待ちが50人や100人と言った特別養護老人ホームもあります。

今までは多床型がほとんどでしたが、10人程度の単位で共同生活スペースが設けられたユニット型個室が推奨されるようになり、半数以上がユニット型へ変更されているので、以前のように一人の空間がまったくないという状況ではなくなっています。

まだ全ての特別養護老人ホームがユニット型に切り替わっていないので、施設見学の際、多床型かユニット型かの確認が必要になります。

 

介護老人保健施設

老健とも言われる介護老人保健施設は、退院後などで自宅に戻ってから自立した日常生活を送れるように、リハビリテーションや医療などのサービスを受けることができます。

要支援1、2の方の利用はできません。

自宅での自立生活を目指しているために、入所できる期間が1ヶ月から6ヶ月がほとんどで、長くても1年までと決まっていますので、入所中より今後自宅へ戻って生活するのか、老人ホームへ入所するのか、住まい方を考えて準備しておく必要があります。

 

介護療養型医療施設

医師や看護師、介護福祉士、栄養士など専門のスタッフによる医療や看護のサービスが受けられる施設です。

療養が中心となる施設ですので、生活を支援するサービスやレクリエーションなどはあまり多くありません。
医療コストなどの圧迫などの理由で、厚生労働省により廃止の方向で勧められており、医療面に特化した新型老健に転換が予定されています。

まとめ

老人ホームと言っても、介護が必要かどうかや、どういう暮らし方をしたいかで選ぶ施設は変わってきます。

居住地に近いから、金額が安いからといった理由だけで簡単に選ばないよう、本当に自分に必要なサービスが受けられるか、施設の雰囲気等心地よいかなど、資料を取り寄せたり見学に行って実際に確かめるように気を付ける必要があります。

この記事を読む

老人ホームを選ぶポイントとは??


印象だけで決めてしまうと、のちのちトラブルになる可能性があります。
良い方法はインターネットなどを利用して、老人施設を選ぶ際のチェックリストを入手する方法がオススメですです。

老人施設を選択する際には、多くのチェックポイントがあります。

その点、チェックリストには確認しておくべきポイントが項目ごとに整理されているので、
忘れることなくチェックすることが出来ます。

例えば、どんなポイントだと思いますか?
例を紹介しましょう。

  • 立地
  • 費用
  • 施設の雰囲気
  • 居室
  • 共用設備
  • 健康管理・介護サービス
  • 食事

などたくさんのチェックポイントがあります。

特に重要なのは、契約内容と費用の問題です。
きちんと内容を理解していないと施設を早期退所したりするときにトラブルになる可能性が高いです。

入居希望の本人の健康状況の確認

老人施設には入居条件というものがあります。
そのため、希望する施設が見つかったとしても、入居条件を満たしていなければ入所することは出来ません。

入所条件というのは、主に本人の体の状態に関するものです。
自立型の施設では、基本的に自分のことは自分で出来なければなりませんし、住宅型の施設では身の回りのことぐらいは自分で出来る能力が必要になります。

また、気をつけなければならないのは、これらの施設は介護が必要な状態になると、他の施設に移らなければならないということです。

その様な状態になったときのことまで入所時に考えておかないと、後々困ることになります。

日常的に医療の管理が必要な場合も入所を断られる場合があります。
胃ろうやバルーン、人工肛門、糖尿病でインスリン管理が必要などの場合がそれにあたります。

理由は看護師の配置が関係しており、看護師が充実しているところは受け入れてくれる可能性が高いです。

入居に関しての予算管理の確認

老人施設にはたくさんの種類がありますが、最も多くの人が利用するのは民間が経営する有料老人ホームです。

有料老人ホームは民間が運営する施設のため、設備やサービス内容などが施設ごとに大きく異なり、入居するために必要な費用も大きく違います。
以前は高額なお金が必要な有料老人ホームでしたが、最近ではサービスの幅が広がってきており、安い金額でも利用できる施設も増えてきています。

また、賃貸借方式を採用することで、入居一時金が必要ない施設もあります。
自分の支払い能力に合わせた施設を選択することが重要になります。

施設の費用は大きく分けると二つあります。
入所時に必要な入居一時金と、毎月の生活費となる月額利用料です。

長期間利用するケースや、病気で急な退所になったケースなど、様々なケースを考えて自分が費用を負担できる施設を選ぶことが大事です。

老人施設を選ぶのに資料請求を上手く活用しましょう


老人施設にはたくさんの種類があります。
特に民間が運営する有料老人ホームは施設によって大きくサービス内容や料金、入居条件などが異なるため、細かなところまで確認することが必要です。
そのために欠かせないのが老人施設への資料請求です。

資料請求は老人施設への申し込みへの最初の大事なプロセスであり、資料を見て自分が希望する施設かどうかを判断することになります。

資料請求は複数の施設に対して行なうのが一般的です。

複数の施設の資料を比較することによって、それぞれの施設の特徴がわかってくるようになります。
最終的には、資料請求した施設の中から、気になるいくつかにしぼりこみ、見学や体験入所を行うのが、老人施設を選ぶ流れになります。

※老人ホームの資料を一括請求サイトを活用しましょう。

  • 日本調剤グループの「探しっくす」
  • 入居決定でお祝い金「みんなの介護」

複数施設を見学してから入居を決めましょう!

入居を希望する際は出来るだけ複数の施設を見学することをおすすめします。

その理由は一つの施設の見学だけでは、他との違いがわからないからです。

施設は自宅と同じように生活するためのものであり、入所したら長期にわたって生活を行う場所です。
家を選ぶのと同じように慎重に選ぶ姿勢が必要になります。

最初の施設が良い施設だと感じたとしても、次に見学した施設はもっと気に入るかも知れません。
見学の際には設備に目が行きがちですが、利用者の雰囲気や、スタッフの様子などを確認するようにしましょう。

利用者が楽しそうで、スタッフも余裕を持って働いている施設はおすすめです。

逆に利用者に元気がなく、スタッフが忙しくてばたばたしているような施設はあまりおすすめできません。

見学の際にできれば食事の確認をすることをおすすめします。
入所者にとって食事は毎日の大きな楽しみになります。
自分が好きなメニューが提供されるか確認しましょう。

入居する施設での契約で注意しておきたいこと

契約時に注意したいことはお金に関することです。

施設への入所の際には入居一時金といってまとまった金額を支払うことになります。

長く施設で生活できれば問題はありませんが、場合によっては病気によってすぐに施設を退所するなどのこともありえます。
その際にきちんと契約を確認していないと一時金の返済において施設とトラブルになる場合があります。

急な退所時に、入居一時金がしっかりと返還されるのか、契約内容を確認しておくことが大事です。

他には施設によっては、身体レベルが低下すると別の施設にかわらないといけない場合があります。

自立型や住宅型の施設では、施設の中に介護サービスがないところが多く、介護が必要になると他の施設への移動が必要になります。
そのような状態になった際に施設が次の施設へ移ることをきちんとサポートしてくれるのか確認しておくことが必要です。

この記事を読む

▲ページトップに戻る