老人ホームの選び方

良い老人ホームの見分け方

少子高齢化が急速に進む中で、2000年に介護保険法が制定されて以降、数多くの民間企業が介護業界に参入、それに伴い、数多くの老人ホームが建てられました。
一方で、たびたび施設の不祥事をニュースで見かけるなど、問題として取り上げられてしまう施設も少なくありません。

そんな中、良い施設の見分け方として挙げられるのが、職員に対しての給与や待遇です。
日本の社会問題として、どこの施設も介護職員が足りておらず、慢性的な人手不足に陥っており、施設はどのように職員を確保していくかが課題となっています。

悪い施設の典型として、給与などの待遇面に対する不満から職員の離職が進み、人手が足りなくなるため時間外労働を余儀なくされるといった悪循環が挙げられます。
このような環境では見守りが行き届かなかったり、新入職員に対し十分な指導を行えず、結果として入居者様に対して雑な対応になりかねません。

必然的に待遇の良い施設には職員が集まり、手厚いケアを行えたり、入居者様やご家族のニーズにしっかりと対応することができます。

また、毎年新卒職員を採用しているかどうかも見分けるポイントです。
新卒採用を行っていない施設は中途職員や派遣、非常勤を雇用して職員を確保しています。

そのような場合、入職のタイミングや雇用期間がバラバラであり、統一したケアを行っていないケースが非常に多いです。
また、人間関係の構築も難しく、離職率も高い傾向にあります。

一方で新卒採用を行っている施設では、新入職員が同期として入るため、人間関係が築きやすいです。
また、現場に入る前に新入職員研修を行えるため、会社の理念や介護についてしっかりと学ぶことができます。
これにより入居者様に対しケアの統一を行いやすく、質の高いサービスにつながります。

従来型の施設であるか、ユニットケアの施設であるかも見分け方の一つです。
10人程度のユニットで、少人数ケアを行うユニットケアが現在は主流で、個室で入居者様がそれぞれ自分のペースで生活ができるようにケアを行うことを目的としています。

しかしユニットケアという概念ができる前は、一部屋4人から6人程度の多床室で、大勢をまとめて見る従来型施設が一般的でした。
施設の形態上集団生活になるため、プライベートな空間がなく、入浴も複数人が同時に入ることが普通です。

また施設自体が古いため、設備も古いです。どちらがいいかは人にもよりますが、国もユニットケアを推奨しており、施設を見極める一つの要素になると考えられます。”

この記事を読む

人気のある老人ホームの特徴とは?

親のこと、自分のこと、いつかお世話になるかもしれないのが老人ホームですね。
老人ホームにも、実に様々な特徴があります。
人気のある老人ホームとはどんな施設なのでしょうか。

ポイント①入居の際や毎月のホーム料金等のトータル費用

安い施設も人気ですし、金額に見合ったコストパフォーマンスの高い施設も同様に人気があります。
主に有料老人ホームでは、入居一時金と月額の利用料が必要になります。

どのくらいの期間入居するのか分からない方が多いですので、経済的に負担がかかるようでは厳しいですので費用は大切です。
ただ安いだけではなく、価格とサービス内容が良いコストパフォーマンスが高い施設を選びたいものです。

ポイント②老人ホームの場所

どんなに施設が素晴らしくても、遠くて家族が通えないようでは寂しい思いをさせてしまいます。
やはり見守る家族の生活圏内から近い場所ですと、頻繁に顔を出しやすくなります。

ポイント③ホームの医療体制や設備関係の充実

風邪等でも重症になる可能性もある高齢者に対して、医療体制が整っている施設は安心感が違います。
病院が運営しているホームは、診てもらえる医師が近くにいるので安心ですね。

設備に関しては、高級なところですと温泉がある等豪華なところもありますが、お年寄りの方が重視するのは、どちらかというと普段生活する場所です。

もちろん売店があったり、理容室があったり、入居する方の要望を組んだうえで、居室や食堂、トイレや浴室等基本的な設備が気に入るかも大切です。
全体的に清潔感がある所が理想ですね。

ポイント④施設の職員、介護士などスタッフの方の雰囲気や人柄

設備が豪華でも、人のぬくもりがない施設では、入居する方も見守る家族も辛いです。
素敵なスタッフがいるからここにきて良かった、そう思ってもらえる施設が安心ですよね。

きめ細かいケアや心身のケアには、職員や介護士の愛情も必要です。
そして、職員の雰囲気だけでなく、入居者の雰囲気も見てみることも大切です。

入居者が満足している雰囲気がある施設は、やはりケアが行き届いている施設が多いです。
明るく楽しい雰囲気のあるホームを選択したいものですね。

以上、四つに分けて、人気のあるホームの特徴をご紹介しました。
大切な家族を任せるホームですから、色々な施設を見学して、家族、入居者に一番合う施設を見つけたいものですね。

この記事を読む

認知症におススメな老人ホームの特徴とは?

認知症になると、最近のことが思い出せなくなってしまったり、急に性格が変わってしまうなど、今までのように自分で制御しながら行動を起こすのが困難になってきますので、周囲の人達が常に見守ってやらなければなりません。

一般的には家族が介護するようになりますが、一日中相手を見続けることはとても困難で、精神的にも大きな負担になってしまうのが辛いところでしょう。

無理に自分たちだけで解決しようと考えるのはあまりにも無理がありますから、専用の施設に入所して、面倒を見てもらうのが良いといえます。

専用の施設として、老人ホームがあります。
ところが全ての施設が全く同じサービスを提供しているわけではないのが老人ホームの特徴です。
同じ認知症であっても症状のレベルに応じて入所に適した施設が変わってきますから、それぞれの施設をよく比較してから決めます。

症状が重い人にオススメなのが、特別養護老人ホームです。

日常的にスタッフが面倒を見てくれますので、安心して入所できるメリットがあります。
面倒を見るだけでなく、症状の進行を遅らせるための機能訓練を行い、自分自身の力でできるように促します。他の入所者と交流しながら脳を活性化させるレクリエーションなどもあります。

自宅で常に本人から目を離せないような介護を行っている状態であれば、この施設への入所を考えるのが適しているでしょう。
要介護4や5の高レベルの人が対象で、このレベルより下だと入所が難しくなります。

一生使い続けることが可能で、サービスが充実している割には費用が少なく済むのが家族としては助かるところです。
1ヶ月の利用で見ると、おおよそ6万円~15万円の費用がかかります。

将来的に自宅に戻ってくる目的で利用するなら、介護老人保健施設もオススメの施設です。

こちらは一生入所するタイプではなく、短期間の入所に留まるのが特徴です。
原則として3ヶ月間ですので、本人の状態を見ながら利用を検討してください。

短期間ではあるものの、比較的重度の認知症であっても受け入れてくれますが、問題行動を起こしにくいタイプの症状の人に合っています。

主にリハビリによるケアを受けることができ、自宅に戻れるように機能回復を目標にスタッフが面倒を見る感じです。
1ヶ月の利用で8万円~15万円程度の費用が必要になります。

比較的健康状態が良い、軽度の認知症であればグループホームがオススメです。

少人数が入所するタイプで、外出が可能、リラックスしやすい施設です。”

この記事を読む

老人ホームと老人福祉センターの違い

利用者にとって必要なサービスや介護を提供するため、高齢者福祉に関連した施設にはいくつかの種類が存在しています。
その中でも一般的な施設として挙げられるのが、老人ホームや老人福祉センターでしょう。

施設それぞれに特徴がありますが、老人ホームは更に種類が分かれており、自炊ができて入浴の世話も必要がない場合はマンション型の有料タイプ、食事の介添えから身体的なリハビリまで必要な場合には特別養護老人ホーム、また軽費で利用できるケアハウスなども存在しています。

老人福祉センターは老人福祉施設に含まれ、老人介護センターや老人デイサービスセンター、老人短期入所施設などとともに、老人介護に必須の施設となっています。

老人ホームと老人福祉センターの違い

では同じく高齢者に関連する施設として、老人ホームと老人福祉センターには具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

老人ホーム

老人ホームの場合はその名の通り施設に入居し、介護や介添えを受けることになります。

利用条件は各施設によってさまざまですが、年齢制限に合致し、自立可能な利用者ならば誰でも入居できるマンションタイプのものがある一方、自立が困難であったり、家族や同居人などの頼れる身内がいないため、行政や事業所の援助が必要な高齢者のみと入居者が限定されている場合もあります。

サービスの度合いも異なるため、入居を希望する際には高齢の自分や家族が充分な介護を受けられる施設を探す必要があるでしょう。
老人ホームは行政だけではなく民間の事業者によっても運営が行われています。

老人福祉センター

対して老人福祉センターは基本的に行政によって運営されているもので、知り合いの減少や仕事からの引退、身体的な理由によって家にこもりがちな高齢者の憩いの場としても機能しています。

センターは介護よりもレクリエーションや高齢者の健康増進に力を入れており、健康体操や軽いゲームなどで楽しむことも目的のひとつとなります。

市町村が運営するセンターの場合、その市町村に在住していることが利用条件となることが多く、各センターによって実施するレクリエーションも異なります。

カラオケ大会や趣味の講座といった誰でも楽しめるレクリエーションが開催されていたり、高齢者の相談窓口になってくれたりと、高齢者やその家族にとって頼りになる存在といえるでしょう。

老人ホームや福祉センターの存在は、高齢化が続く社会にとってなくてはならないものです。その違いを理解しながら上手に利用することで、家族や高齢者自身の負担を減らすことができます。”

この記事を読む

▲ページトップに戻る