サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅の選び方とは?

サービス付き高齢者向け住宅は、老人ホームとどう違うのかご存じですか?
サービス付き高齢者向け住宅は「高齢者住まい法」に基づいた制度です。
高齢者が借りやすく住みやすい住宅を増やすことを目的とした賃貸住宅のことを指しているわけです。

具体的には、運営は民間事業者が行っています。
認可や登録は都道府県が行います。

そして、2種類の施設があります。

軽度の要介護の高齢者を受け入れる特定施設型
自立や要支援の高齢者受け入れる一般型

居室の広さが明確に定められており、バリアフリー構造です。
食事だけに限らず、訪問介護など様々なサービス対応をしてもらえます。

高齢者にとって、とくに安心した毎日を送ることは大変です。
そこで、安否の確認や生活における相談対応も行ってくれます。

詳細は、施設によって提供される内容が違うので、施設に直接確認することが大切です。

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームとの違い

有料老人ホームには主に3種類あります。

  • 介護なしで自立した生活ができる健康型
  • 自立から軽度の要介護の方が入れる住宅型
  • 要介護1以上の認定を受けた方が入れる介護付きの施設

サービス付き高齢者向け住宅は60歳以上であれば比較的誰でも入居できますが、有料老人ホームは健康型と住宅型が60から65歳以上の方、介護付きは65歳以上の方が入居になります。

またサービス付き高齢者向け住宅は有料老人ホームよりも低価格で、住居の権利が保障され様々なサービスの選択肢もあります。
娯楽施設の充実や共有スペースでの積極的なイベントなどにより、住民間の交流を楽しむこともできます。

一方、入居後生涯住み続けられるのは有料老人ホームです。

また有料老人ホームの契約形態は様々で、終身利用権方式・賃貸方式・終身賃貸方式・所有権分譲方式の5つあります。

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとデメリットとは?

サービス付き高齢者向け住宅のメリットとして、高齢者が契約しやすいため一般賃貸住宅よりも借りやすくなっています。

施設利用の権利を取得する入居一時金は賃貸借方式が多いため、退去時に支払われた敷金の返還金を受け取ることもできます。

施設内全体はバリアフリー化のため、車椅子でも動きやすく生活しやすい環境です。他の介護施設より独自のサービスが多く提供されます。

特定施設の場合、生活援助の他に身体介護や機能回復のためのリハビリ、医学管理も行うためそれぞれに合った必要な援助を受けることができます。

デメリットとして、家賃が比較的高く、居室が18~25平方メートルの物件は低価格のため、人気があり早めになくなってしまうことが多いです。

入所手続きには連帯保証人が求められ、関係する必要な書類を準備しなければなりません。
基本的に重度の介護が必要な場合は、住み続けることが難しくなります。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴って何?

サービス付き高齢者向け住宅の特徴として、個室になっている居室の床面積は25平方メートル以上(共同生活室の面積が十分な場合は18平方メートル以上)で、台所や収納、浴室や洗面所、トイレがあります。

通常は居室の他に共同の食堂・リビングがあり、健康管理などの相談室や洗濯室が設置されている施設もあります。

バリアフリー化のため床の段差がなく、78センチ以上の廊下幅になっています。介護福祉士や介護ヘルパーなどの常駐介護スタッフによる生活援助が行われ、見守りや生活相談をしてくれます。

特定施設では、介護スタッフによる食事や掃除、洗濯などの援助や、看護師による入浴や食事、排泄などの身体の介護、機能訓練指導員によるリハビリテーションなどの身体機能回復や医学管理下でのケアを行ってくれます。

サービス付き高齢者向け住宅の入所基準や費用は?

サービス付き高齢者向け住宅の費用は、入居時に敷金・礼金などの初期費用と居住費・管理費などの月額費用が必要です。

初期費用は0~数百万円、月額費用は10~30万円ほどで、施設の設備状況や受けるサービスの種類によって違いがあります。

一般的に、都市部の方が高くなっています。入所手続きは各施設で行います。提出書類は入居申込書や本人確認書類、連帯保証人の本人確認書類や収入・資産などの証明書類などです。

また、施設スタッフが実際に面談して行う健康状態や懸案点などの確認もあります。
その後、提出された書類や面談によって確認されたことに基づいて、自立度や介護の必要性、資産や収入額の総合判断が行われ入居審査となります。

入所基準は60歳以上の高齢者または要支援者・要介護者、それぞれの同居者も入居できます。
認知症や感染症患者への対応、介護レベルなどの様々な違いもありますので問い合わせることができるでしょう。

この記事を読む

▲ページトップに戻る