特別養護老人ホーム(特養)かかる費用は??


そもそも、特別養護老人ホームってどんなところ?

特別養護老人ホームとは、寝たきり状態など重度の介護を必要とする要介護者が、少ない費用負担で長期入所できる施設です。
社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設で、特養とも呼ばれます。

特別養護老人ホームのメリット・デメリットはどうなの?

老人福祉施設としては一般的な施設ですが、介護サービスの幅が広がっている中で各サービスメリットとデメリットが存在しています。

各サービスの中でもっともメリットを感じる施設を選んで入所することになりますが、特別養護老人ホームについてみてみましょう。

メリットは入居費が安く設定されていることがあります。
入学金のような入居費が必要なく、急に入所が必要となってしまった場合でも、お金がなくて入れないという事態に陥ることがありません。

運営母体も行政か社会福祉法人なので、公共性が保たれ良心的な費用で利用することができます。

また、介護する側のメリットとして、ショートステイできる部屋が用意されている施設も多く、冠婚葬祭や一時的に介護ができない状態になる時、介護する側の方たちの息抜きなど一時目的で活用することも可能です。

デメリットは、人気のある施設なだけに待ち時間が長く、長い方でも2年、3年という話も出ております。

この施設は重度の方から優先して入っていきますので、軽度の方は入ることができない状態にあります。

相部屋しか使えない可能性が高いというのがデメリットと言えます。
施設の効率運営のため、大部屋が多いのも現実で、個室を希望していると入れないという現状もあります。

安くて緊急対応もしてくれる人気の施設なので仕方がないのかとも思います。

サービス内容はケアマネが介護サービスの計画を立ててくれますので、その計画に従って施設スタッフがサービスを提供してくれますので、何をしているのか分からないということはありません。

最近は余暇の時間を使って機能訓練、リハビリメニューを実施してくれる施設も増えてきて、介護度を維持し健康寿命を長く維持できている成果も出てきています。

色々なことをしてくれる施設という点では、メリットの大きい施設であると思います。

入所の条件はどうなっているの?

特別養護老人ホームは、介護認定を受けた方たちの中で、要介護1から5までの認定を受けている65歳以上の方を対象とした施設です。

身体的又は精神的な障害で、日常生活を営む上で第3者の手を必要な状態であること、自宅では適切な介護サポートを受けることができない方を対象としています。

他の入所条件として入院する病態ではないこと、伝染させる恐れのある病気を持っていないこともあります。

身体や精神状態によっては65歳未満の方でも認められうケースがあります。

入所には、各行政が行っている入所判定審査会が行っている判定審査があり、その状態が継続することが条件となっています。

月額の利用料はどのくらいかかるの?

主な運営母体は行政、社会福祉法人です。

サービス内容も各施設によって変わりますので、契約前に必ずご家族や第3者の確認をする事をおすすめします。

介護認定を受けられた方なので、介護保険の対象となります。

介護度にあわせて国が定めているサービス料金がありますので、施設によって大きな差はないのですが、保険外のサービスもあるので注意が必要です。

食事は別料金で設定されている事が多く、食事制限があり個別メニューで対応が必要な場合は、別料金がかかることがあります。

専門員のアドバイスや相談にも別料金が加算されることがあるので気をつけましょう。
料金の目安として、2~4名部屋で7~8万円、個室で9~10万円、新型ユニット個室で12~13万円(すべて食事込み)。

施設ごと、施設内での居住空間によって料金が変わります。
よく確認をしましょう。

▲ページトップに戻る