タグ「サービス付き高齢者向け住宅」の記事

住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違い

親が今元気でも、年齢を重ねるうちに自宅では生活が困難になることを想定して、将来的に老人ホームへの入所を考えておきたいところですが、調べてみると老人ホームには様々な種類があり、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいます。

とはいえ、わからないままでは突然入所が必要になった時に正しい選択ができなくなってしまいますので、きちんと施設の違いについて勉強しておくと慌てることがなくなりそうです。

施設の中には、住宅型有料老人ホームサービス付き高齢者向け住宅という施設が存在しますが、この2つの共通点として、特定施設入居者生活介護の認定を受けていないことです。

特定施設入居者生活介護とは介護保険の指定を受けている施設を指す言葉で、介護付有料老人ホームや軽費老人ホーム、養護老人ホームなどが該当します。

一定レベル以上の介護が必要な人が入所する施設だと考えれば良いといったところです。
住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅は、そこまで介護を必要としない、ある程度健康状態の良い高齢者が入所する施設になります。

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは厚生労働省が所轄している施設です。
最近数が増えてきているため、耳にすることも少なくないでしょう。

介護を受けるには外部サービスを利用するのが特徴です。
比較的日常生活でスタッフが関与する場面が少なく、食事を提供したり、洗濯や掃除などの家事を代わりにやってくれるなど簡単なサポートに留まります。
居住面積が13平方メートル以上あることが、該当施設として認められる条件です。

居室は多人数と個室が用意されています。
食堂や浴室、トイレなどは共同で使えたり、個室に設置されている場合もありますが、施設によって違ってきますので入居前によく比較したいところです。

 

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省が所轄する施設です。
助成金によって高齢者向け住宅を企業が建てる流れになります。

老人ホームではありますが、どちらかというと賃貸住宅に違いイメージです。居住面積が25平方メートル以上あることが条件ですので、住宅型有料老人ホームよりも広い居室となることが目立ちます。
但し、キッチンなどの共有スペースが設置されていれば、18平方メートル以上でも許されます。

受けられるサービス内容としては、安否確認や生活相談くらいです。自立して多くのことができる健康状態の良い高齢者が入所するのに適していますが、介護を必要とするなら外部サービスの利用が必要です。

この記事を読む

▲ページトップに戻る