タグ「老人ホームの種類」の記事

老人ホームって、どこでも一緒なの??


老人ホームにはどんな種類があるの?

老人ホームの種類と特徴をここではまとめてみました。

有料老人ホーム

有料老人ホームと言われる施設は、大きく3つに分けて考えることが出来ます。
自分の住まい方や身体状況によって選択していきます。

 

介護付

基本的に介護が必要な方達が入居する施設になります。
食事や入浴、排せつなど日常の生活において必要な介護サービスを受けることができます。

原則65歳以上の方が対象となり、認知症だけでなく胃ろうや気管切開などの医療的なケアを受けることのできる施設もあります。
基本的には要介護の認定の方の施設になりますが、自立の方も入居できる混合型と呼ばれる施設もあります。
混合型ですと、自立のうちから入居して、介護が必要ななった場合でもそのまま住み続けることができます。

医療的な介護サービスが必要になった場合は、医療設備の整った病床へ移動する可能性もあります。

 

住宅型

住宅型の老人ホームは、食事など生活支援サービスを受けることのができます。
要支援や要介護の認定を受けた場合、同じ場所に住み続けながら、外部の介護支援業者のサービスを受けることができます。

居住施設内の介護サービスをお願いする場合も、新たに介護サービスの契約を行う形を取るのが一般的です。
デイサービスの施設が併設されている場合は、必要になった場合、すぐに利用を開始することができるか、入居前に確認をしておくことも重要です。

 

健康型

介護が必要なく自立した生活を送ることが出来る方が入居できる施設です。
自立が条件のため、要介護認定を受けた場合、退去しなくてはいけない場合がほとんどです。

介護サービスを受けることは出来ませんが、、家事などの代行サービスなど生活支援のサービスを受けることができます。

住居の形としては、普通のマンションのように、室内にキッチンやバス・トイレがある施設が大半で、建物内の共用施設が設けられていて、習い事や他の居住者とのコミュニケーションの場所になっています。

 

特別養護老人ホーム

特養、介護老人福祉施設とも呼ばれ、地方自治体や社会福祉法人などで運営されている公的な介護施設です。

施設に入居しているのは重度の要介護者がほとんどで、痴呆や寝たきりといった方で、食事や入浴などの生活支援サービスを受けることができます。
公的な運営なので、費用が比較的安いために、入居待ちが50人や100人と言った特別養護老人ホームもあります。

今までは多床型がほとんどでしたが、10人程度の単位で共同生活スペースが設けられたユニット型個室が推奨されるようになり、半数以上がユニット型へ変更されているので、以前のように一人の空間がまったくないという状況ではなくなっています。

まだ全ての特別養護老人ホームがユニット型に切り替わっていないので、施設見学の際、多床型かユニット型かの確認が必要になります。

 

介護老人保健施設

老健とも言われる介護老人保健施設は、退院後などで自宅に戻ってから自立した日常生活を送れるように、リハビリテーションや医療などのサービスを受けることができます。

要支援1、2の方の利用はできません。

自宅での自立生活を目指しているために、入所できる期間が1ヶ月から6ヶ月がほとんどで、長くても1年までと決まっていますので、入所中より今後自宅へ戻って生活するのか、老人ホームへ入所するのか、住まい方を考えて準備しておく必要があります。

 

介護療養型医療施設

医師や看護師、介護福祉士、栄養士など専門のスタッフによる医療や看護のサービスが受けられる施設です。

療養が中心となる施設ですので、生活を支援するサービスやレクリエーションなどはあまり多くありません。
医療コストなどの圧迫などの理由で、厚生労働省により廃止の方向で勧められており、医療面に特化した新型老健に転換が予定されています。

まとめ

老人ホームと言っても、介護が必要かどうかや、どういう暮らし方をしたいかで選ぶ施設は変わってきます。

居住地に近いから、金額が安いからといった理由だけで簡単に選ばないよう、本当に自分に必要なサービスが受けられるか、施設の雰囲気等心地よいかなど、資料を取り寄せたり見学に行って実際に確かめるように気を付ける必要があります。

この記事を読む

▲ページトップに戻る